logo

本社工場:神奈川県横浜市鶴見区生麦2-3-19 Tel:045-500-2070 長野工場:長野県塩尻市片丘今泉9828-21 Tel:0263-31-0030

精密板金加工

精密板金加工には、工程ごとに数多くの技術があります。

抜きTop

CAM工程で作成したNCデータを使用し、母材に穴あけ、タップ、切欠加工などのプレス加工を行います。

パンチング加工機(ガトリング)

パンチング加工機

パンチング加工機は、金型を使用し材料を打抜く機械です。抜くだけでは無く、専用金型による成型やバーリング・タップ加工も一緒におこなっています。

城北工業では、GT3300(コマツ産機)があり、金型は300以上保有しています。

レーザー加工機

レーザー加工機

レーザー光を材料に当てることで切断することができる機械です。金型に依存すること無く、どのような形状でも切断が可能となります。但し、電気代・加工・ガス代など台数が多くなると高くなります。

城北工業では、L2530 Plus(TRUMPF)と2512HVⅡ(三菱)の2台を保有しています。

パンチレーザ複合加工機

パンチレーザ複合加工機

パンチング加工機とレーザ加工機の両方の機能を兼ね備えた機械です。

城北工業では、3台のTRUMPF社製のパンチレーザ複合加工機を保有しています。

曲げTop

平板をベンダーと呼ばれる専用の機械で曲げます。

ベンダーとは?

ベンダー

ベンダーとは、曲げ加工機のことで、平板から抜かれた金属を曲げる機械のことです。

V溝加工されたダイと呼ばれるメス型を下側に固定し、上から刃先上のヤゲンと呼ばれるオス型で押し込んで加工します。

段曲げとは?

段曲げ

直角曲げを2回行うことで垂直部分を作成し、平板をZ状にする曲げのことです。垂直部分を板厚程度にする場合は、専用の金型を使用することで1回の工程で加工することができます。

ステンレスの段曲げは、ヤゲンが負けて壊れてしまうので製作できません。

ヘミング曲げとは?

ヘミング曲げ

辺の強度を増す、エッジにRをつけて柔らかさを出す場合に、行う曲げです。鋭角曲げ1+ツブシ曲げの2工程になるので工数が増加します。

ヘミング曲げは、周辺(両サイド)に逃げが必要になります。

城北工業では、ヘミング曲げの最大厚さ1.6mm最大長さ800mmまで製作可能です。

R曲げとは?

R曲げ

専用金型で曲げることで角部を曲面に加工することです。寸法が出しづらい曲げですが、魅力的なデザイン的に仕上がります。

専用金型がないR指定の場合は、R追い曲げにより任意の曲面を作り出します。

ボス加工Top

ボスには圧入市販型とカシメ特注型さらに溶接型の3種類あります。

クリンチングファスナーとは

クリンチングファスナー

クリンチングファスナーは圧入市販型のボスでです。

母材に下穴をあけ、プレス圧入することで、母材がファスナーのローレットに金属流動が発生することで、高い保持力が得られる商品です。

カシメ特注型ボスとは

カシメ特注型ボス

カシメとは組み合わされた部品の材料の一部を潰して外れないようにする組み立て工法です。

CD方式溶接ボスとは

CD方式溶接ボス

CD方式溶接ボスは、溶接型のボスです。

コンデンサーに蓄積されたエネルギーを利用した1/1000秒台の瞬間溶接システムです。

母材溶接裏面の(歪)(変色)等が少なく、フロントパネルなど外観を気にする製品に適しております。

溶接スタッドの注意点

CD方式溶接ボス

表面処理鋼板(クロムフリー鋼板)は素材のメッキ厚さが均一では無いので、安定していない。

スタッドの直径12mm範囲には、曲げ・ボスなどをつくらないこと。

スタッドの高さが15mm以上の場合、溶接作業が不安定となる。